くまに効くツボ教えます

目の下のくまが目立つと、メイクでごまかす人が多いですよね。
確かに、てっとり早くくまを隠すことができるというメリットはあります。
しかし、これは根本的な解決にはなりません。
しかも、残念なことにくまを悪化させてしまう恐れがあるので要注意。
くまをメイクでごまかしている人は、その誤った行為を直ちに止めることをおすすめします。

 

 

目の下のくまに効くツボ

くまの原因は、多くが血行不良であることが多いので、まずは血流をアップさせてあげるだけでも薄くなる人がたくさんいます。
ホットタオルやホットアイマスクを使用するだけでもだいぶ違います。
さらに、目の下のくまに効くツボを刺激してあげると尚よいでしょう。
目の周りのツボを刺激すると、眼精疲労だけでなくくま解消にも効果がありますので、試してみてください。

 

 

簡単ツボ押し!目の疲れと血流アップで目の周りがスッキリ!

簡単にできるツボ押しをご紹介します。
血行がよくるので、青くまで悩む人には特におすすめです。

 

  1. まゆ下の頭からこめかみに向けて中指の腹を使ってゆっくり軽く3秒間ずつ押していきます。
  2. 目頭からこめかみに向かって人差し指と中指、薬指の腹でゆっくり押していきます。
  3. 最後にこめかみを下から上に円を描くようにぐるぐると指の腹で刺激しましょう。

 

 

 

老化で悩むたるみが原因のくま解消に効くツボ!

普段からPCを使用したデスクワークや、スマホなどで目を酷使する人、さらに老化などによる目元のたるみが気になる人におすすめのツボ押しマッサージです。

 

  1. 両手をチョキにして、耳の前のもみあげあたりの凹んだところと耳の後ろに置き、小さな円を描くようにして10〜20回くるくるとまわします。
  2. 手全体を使って、耳の下から鎖骨に向かって老廃物を流します。これを左右3回ずつ行います。
  3. さらに、鎖骨部分に両手の指を引っかけて3〜5秒間グ〜っと押してからパッと放します。
  4. ここで、最初に紹介した「簡単ツボ押し」を行います。
  5. 下まぶたの際から人差し指1本分下の部分を押してあげると、疲労回復に効果があります。
  6. 人差し指と中指の腹を使って、耳のすぐ上の頭皮を小さく円を描くようにしてマッサージします。

 

ちょっとボリュームがありますが、週に2〜3回行うだけでも十分効果がありますので、特にたるみで悩む黒くまの人にはおすすめのツボ押しマッサージです。

 

 

私もよくやっていたのですが、眼精疲労の時に、まぶたを閉じて目そのものをぐ〜っと押したりする人がいます。
これは、目を傷つけてしまったり、細胞や血管に異常をきたすことがあるので、絶対に止めてください。
眼精疲労には、眉毛周りと、目の下にある骨のあたりを押してあげるツボ押しが有効ですよ。
そして、正しいツボ押しをすると、くまにも効果があります。
誤った方法を正して、くまの解消を目指していきましょう。